債務整理とは

最近、債務整理っていう言葉を、テレビや電車の中ずり等で見かけることが多くなりました。
債務整理って、どんなことをするのでしょうか?

 

簡単に云うと、「借金を、法的に見直し整理をして、支払いの軽減、あるいは免除をうけること。」となります。

ちょっと、このデータをご覧ください。

5件以上の消費者金融事業者、あるいは、クレジットガード等のキャッシングの利用により、借入がある人。
→ 全国で約27万人

1件でも消費者金融を利用したことがある人。
→ 1279万人 (日本の人口の10分の1

3ヶ月以上、返済が延滞している人。
→ 419万人 (上の3人に1人

このデータをみても、いかに多くの方が消費者金融を利用しているかがわかりますね。

その中で、計画通りに返済できている人が、3分の2
残りの3分の1の方は、計画通りに返済ができずに滞っています。

滞ったままにしておくと、借金は利子が利子を生み、さらに返済が難しくなっていきます。

 

m010-037

一方、借金の理由として、どのようなものが多いのでしょうか?

  1. 気がつけば借金しているパターン・・・商品購入、ギャンブル に利用
  2. 日常生活で必要に迫られ借金するパターン・・・・低収入、住宅ローン に利用

不景気が続き突然の解雇等で職を断たれ、仕方なく借金をせざるを得ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かくいう私も、もちろん借金をしたことがあります。
”借りるは易し、返すは難し”

長い月日をかけて、どうにかこうにか返すことはできましたが、もしかしたらそのままずっと引きずっているかも知れなかったわけです。

このように、借金というのは案外身近なところにあります。
すぐに返済できれば問題ないですが、返済が長期間になっている場合、または複数の消費者金融等から借金をしてしまっている場合
どちらも返済に無理がかかってしまいます。

そのような場合は、返済できてるか、できていないかにかかわらず、一度この「債務整理」をすることをお勧めします。

借金で困っている人を法的に解決する方法なのです。

 

 

(photo credit: Harlequin ladybird via photopin (license)