カテゴリー別アーカイブ: 債務整理の種類

債務整理の種類

 

先ほどの「債務整理」の説明ですと、『それは自己破産のことだろ?』と思われる方が多いんです。
この『自己破産』っていう言葉は、とてもダークなイメージがあり、「この世の終わり」みたいに感じてしまう方がほとんどだと思います。

でも、実際の「自己破産」はそのイメージとは大分異なります。
また、「債務整理」も「自己破産」だけではなく種類があって、気軽に相談できるものとなっています。

では、その「債務整理」の種類を説明します。

 

任意整理

裁判所を通さずに各債権者との合意でできるもの。
借金の減額の交渉をするものです。
貸金業者に払い過ぎた利息を、過払い金として返還してもらうことで、借金の減額し解決する方法です。

 

個人再生

裁判所を通じて債務を大幅に減額してもらう方法です。
再生計画というものを作成し、それが裁判所に認可されると、債務が5分の1に減り、それを3年から5年で支払います。
自己破産とは違って、住宅など手放さずに手続きをすることができます。

 

自己破産

裁判所で支払が不可能と認められ、免責が許可されることです。税金等を除くすべての債務を支払う必要がなくなります。
住宅など一定以上の価値のある財産は手放すことになります。
ただ、この「自己破産」の制度については、多くの方が誤解をしていて「選挙権がなくなる」「年金がもらえない」「すべてが差押えになる」「海外旅行がいけない」ということを言われますが、すべてが間違っています。自己破産とは「人生の再スタートを切る為の救済方法」です。ですから、生活に最低限必要なものは保護されますし、自己破産後に取得した財産に関しては全く自由です。「7年間クレジットカードが作れない。」「本籍地の市町村役場の破産者名簿に一定期間記載される」などのデメリットはありますので、きちんと相談されると良いでしょう。
また、注意点として、債務者が自己破産しても「保証人」には何の影響もありません。つまり「保証人」には「保証債務」について追求されてしまいます。この点だけは注意しておかなければなりません。

 

過払い請求

消費者金融、クレジット会社、などの貸金業者に、利息制限法の上限を超えて払い続けていた利息を返還してもらうことです。
18%以上の利息で返済したことのある方は、この過払い請求によってお金が返ってくる可能性が高いです。ただ注意していただきたいのは、過払い金返還は10年を経過してしまうと時効で請求できなくなります。心当たりのある方は急いで対策を取らなければなりません。

 m017-013

 

このなかで、個人再生と自己破産は裁判所を通さなくてはなりません。任意整理と過払い請求は、裁判所を通さずに各債権者との合意で行うことができるので、比較的短い期間で整理することができます。