債務整理とは

最近、債務整理っていう言葉を、テレビや電車の中ずり等で見かけることが多くなりました。
債務整理って、どんなことをするのでしょうか?

 

簡単に云うと、「借金を、法的に見直し整理をして、支払いの軽減、あるいは免除をうけること。」となります。

ちょっと、このデータをご覧ください。

5件以上の消費者金融事業者、あるいは、クレジットガード等のキャッシングの利用により、借入がある人。
→ 全国で約27万人

1件でも消費者金融を利用したことがある人。
→ 1279万人 (日本の人口の10分の1

3ヶ月以上、返済が延滞している人。
→ 419万人 (上の3人に1人

このデータをみても、いかに多くの方が消費者金融を利用しているかがわかりますね。

その中で、計画通りに返済できている人が、3分の2
残りの3分の1の方は、計画通りに返済ができずに滞っています。

滞ったままにしておくと、借金は利子が利子を生み、さらに返済が難しくなっていきます。

 

m010-037

一方、借金の理由として、どのようなものが多いのでしょうか?

  1. 気がつけば借金しているパターン・・・商品購入、ギャンブル に利用
  2. 日常生活で必要に迫られ借金するパターン・・・・低収入、住宅ローン に利用

不景気が続き突然の解雇等で職を断たれ、仕方なく借金をせざるを得ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かくいう私も、もちろん借金をしたことがあります。
”借りるは易し、返すは難し”

長い月日をかけて、どうにかこうにか返すことはできましたが、もしかしたらそのままずっと引きずっているかも知れなかったわけです。

このように、借金というのは案外身近なところにあります。
すぐに返済できれば問題ないですが、返済が長期間になっている場合、または複数の消費者金融等から借金をしてしまっている場合
どちらも返済に無理がかかってしまいます。

そのような場合は、返済できてるか、できていないかにかかわらず、一度この「債務整理」をすることをお勧めします。

借金で困っている人を法的に解決する方法なのです。

 

 

(photo credit: Harlequin ladybird via photopin (license)

債務整理の種類

 

先ほどの「債務整理」の説明ですと、『それは自己破産のことだろ?』と思われる方が多いんです。
この『自己破産』っていう言葉は、とてもダークなイメージがあり、「この世の終わり」みたいに感じてしまう方がほとんどだと思います。

でも、実際の「自己破産」はそのイメージとは大分異なります。
また、「債務整理」も「自己破産」だけではなく種類があって、気軽に相談できるものとなっています。

では、その「債務整理」の種類を説明します。

 

任意整理

裁判所を通さずに各債権者との合意でできるもの。
借金の減額の交渉をするものです。
貸金業者に払い過ぎた利息を、過払い金として返還してもらうことで、借金の減額し解決する方法です。

 

個人再生

裁判所を通じて債務を大幅に減額してもらう方法です。
再生計画というものを作成し、それが裁判所に認可されると、債務が5分の1に減り、それを3年から5年で支払います。
自己破産とは違って、住宅など手放さずに手続きをすることができます。

 

自己破産

裁判所で支払が不可能と認められ、免責が許可されることです。税金等を除くすべての債務を支払う必要がなくなります。
住宅など一定以上の価値のある財産は手放すことになります。
ただ、この「自己破産」の制度については、多くの方が誤解をしていて「選挙権がなくなる」「年金がもらえない」「すべてが差押えになる」「海外旅行がいけない」ということを言われますが、すべてが間違っています。自己破産とは「人生の再スタートを切る為の救済方法」です。ですから、生活に最低限必要なものは保護されますし、自己破産後に取得した財産に関しては全く自由です。「7年間クレジットカードが作れない。」「本籍地の市町村役場の破産者名簿に一定期間記載される」などのデメリットはありますので、きちんと相談されると良いでしょう。
また、注意点として、債務者が自己破産しても「保証人」には何の影響もありません。つまり「保証人」には「保証債務」について追求されてしまいます。この点だけは注意しておかなければなりません。

 

過払い請求

消費者金融、クレジット会社、などの貸金業者に、利息制限法の上限を超えて払い続けていた利息を返還してもらうことです。
18%以上の利息で返済したことのある方は、この過払い請求によってお金が返ってくる可能性が高いです。ただ注意していただきたいのは、過払い金返還は10年を経過してしまうと時効で請求できなくなります。心当たりのある方は急いで対策を取らなければなりません。

 m017-013

 

このなかで、個人再生と自己破産は裁判所を通さなくてはなりません。任意整理と過払い請求は、裁判所を通さずに各債権者との合意で行うことができるので、比較的短い期間で整理することができます。

私達にお任せください!

では、債務整理は具体的にどのように行ったらよいのでしょうか?

まずは、やはり専門家に相談をするということです。

一人一人ケースが違いますので、司法書士や弁護士に相談するのが、安全で安心な近道と言えます。

初回相談が無料であったり、メールで相談でできたり、支払いについても分割ができるところもあります。

すべての事務所さんについて言えることですが、会社や家族等には知られる心配はありません。
秘密で相談に乗ってくれます。

 

アヴァンス法律事務所

減額報酬、初期費用0円
相談無料全国対応
年中無休
が特徴の法律事務所。

電話でも無料相談は受け付けてくれて、通話無料。
(携帯やPHSからも利用可)

今ご覧になっているスマホから、すぐに無料で電話相談ができます。
とにかく、電話でいろいろ相談してみたい!っていう方にお勧めです。


詳しくは ↑ をクリックしてください。

 

 

弁護士法人 RESTA法律事務所

初期費用0円。
相談無料。
24時間、365日、受付
全国対応

分割可能
即日対応 可
経験と実績
が特徴の法律事務所です。

一日でも早く解決したいけど、一括払いはちょっと...っていう人に、お勧めです。
弁護士法人RESTA法律事務所
詳しくは ↑ をクリックしてください。

 

 

樋口総合法律事務所

全国、24時間対応
初期費用0円。
後払い、分割払い、対応可。
即日取り立てSTOP!
356日対応。
24h、メール無料相談。

が特徴の法律事務所。
支払を後払い、分割払いと、柔軟に対応できるのが嬉しい。
とにかく、メールで相談してみよう!というひとにはお勧めです。
樋口総合法律事務所
  詳しくは ↑ をクリックしてください。

 

 

街角法律相談所

こちらは、司法書士事務所や法律事務所を紹介してくれるポータルサイトです。
「借金相談シュミレーター」というものに入力していくだけで
匿名 で 無料 で 診断 をしてくれて
自分に合った司法書士事務所や法律事務所を紹介してくれるんです。
24h 相談受付。

いきなり弁護士事務所をやりとりするのは、気がひける。
とりあえず、どんなものか知りたい人に、お勧めです。

街角法律相談所
詳しくは ↑ をクリックしてください。

 

 

はたの法務事務所

過払いの調査は無料
全国どこでも無料出張
着手金、相談料無料24時間相談受付
司法書士歴35年、債務整理受理件数8000件以上の信頼と実績」が特徴。

はたの法務事務所さんのサイトの右上にから、簡単に電話相談をすることができます。債務整理についての相談は電話がお勧めです。


詳しくは ↑ をクリックしてください。

注意事項

各事務所に相談するときには、少しだけ注意することがあります。

  • 個人間の借金、税金滞納のご相談はお受けできません。
  • すでに法テラスや他事務所に依頼中の方のご相談はお受けできません。
  • 債務整理には本人の確認が必要なため、本人以外からのご相談は解決できません。

 

債務整理して、晴れ晴れとした毎日を過ごしましょう!

m010-043